« 日本一楽に登れる高山木曽駒千畳敷 | トップページ | 皇居乾通り秋の通り抜け »

2015年10月21日 (水)

16年カレンダー

かなり以前からカレンダー作りを始め、頼まれてもいないのに知人に配っていたのだ。素人のカレンダー制作のキモは、写真の出来栄えもさることながら製本にありと、四苦八苦して研究した挙句に見つけたのがカール事務機のTOZICLEというプラスチックリング製本機で、2002年からは専らこれを利用して制作している次第。
この製本機によるカレンダーは如何にも素人っぽくみえるところがいいが、難点は穴あけパンチで、何しろ力と手間が半端じゃないのだ。最近カール社が電動式穴あけ器を発売したと聞くが、極少量生産の家内産業がこのような利器に手出しするのは邪道とばかり、年末になると手動穴あけ器にせっせと取り組んでいるのであります。
現時点で予定している16年度図柄は以下の通り。

1~2月西伊豆伊田浜
Cl1612
3~4月隅田公園の花見
Cl1634
5~6月レッドブルエアレース千葉
Cl1656_2
7~8月ホテル千畳敷
Cl1678
9~10月木曽駒乗越浄土から富士
Cl16910
11~12月田子の浦漁港
Cl161112

余計なことを一言いわせてもらえば、飛行機は左翼と右翼があって飛べるのだといったのはデーブスペクターだが、近頃の政権は右に偏り過ぎだね。安倍さんは平和維持法案にやけに力を入れていたが、実弾を発射できる軍隊(戦力)をもっていないと国際的に大きな顔ができないからではなかろうか。世界各地で紛争が起きると、英独仏の3首脳に米国大統領が雁首並べて対策を協議して軍隊を派遣したりしているが、この仕切りが何とも格好いい。安倍さんもわが軍を率いてこれに参加したい・・・?
TPPにも一言言いたいが次回。







« 日本一楽に登れる高山木曽駒千畳敷 | トップページ | 皇居乾通り秋の通り抜け »

写真」カテゴリの記事

コメント

なかなかの出来栄えですね! 楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1599320/62152214

この記事へのトラックバック一覧です: 16年カレンダー:

« 日本一楽に登れる高山木曽駒千畳敷 | トップページ | 皇居乾通り秋の通り抜け »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ