« 冬寒の曽我別所梅林 | トップページ | 2020オリンピック招致に東京タワーも一役 »

2013年3月 4日 (月)

猛吹雪の北海道

オホーツクの流氷にオジロワシがいると聞きこんで、1泊2日の流氷ツアーに参加したところ、日ごろの行状に問題があったのか、10年に一度かという暴風雪に遭遇。オジロワシもどこかに逃げ出してしまうし、土曜日は全道の交通が麻痺する始末、ツアー一行は添乗員の奮闘で確保した網走のホテルに籠城、南極のブリザードもかくやという貴重な体験を積んで、3日目に網走から千歳へ移動し何とか帰京を果たしたが、道内では地元の方々が8名も遭難死されたとか、合掌。
331_2
紋別のガリンコ号は流氷をガリガリ。
332
層雲峡の氷瀑祭りは吹雪で震え上がる寒さ。
333
猛吹雪の当日の予報は荒天だったが、層雲峡の朝は快晴だった。
334
ところが天気が悪化し、釧路の砕氷船オーロラ号は欠航、やむなく.天都山のオホーツク流氷館へ廻ったところ、暴風雪は更に強烈となり大型バスがひっくり返りそうな勢いで、漸く釧路のホテルに逃げ込む。
335
延泊の日曜日、朝から風雪激しく道内の道路が寸断されているようで、今日の羽田行きの目途が立たないという。添乗員さんは最悪札幌ススキノのホテルを確保したというが、そうこうするうちの晴天に変わり、一行のバスは正午過ぎに釧路を立って一路新千歳へ。やれやれ。












« 冬寒の曽我別所梅林 | トップページ | 2020オリンピック招致に東京タワーも一役 »

写真」カテゴリの記事

コメント

流氷ツアー、大変でしたね! ご無事にご帰還何よりです。
それだけに、層雲峡のショットなどなかなかのものです。
ご苦労様でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1599320/50006243

この記事へのトラックバック一覧です: 猛吹雪の北海道:

« 冬寒の曽我別所梅林 | トップページ | 2020オリンピック招致に東京タワーも一役 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ