« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

内孫と初対面

全くの私事で甚だ恐縮ですが、4人目の孫にして初の内孫の男子が誕生し、ホイホイわくわくと京都経由奈良県橿原市の大和八木まで行ってきました。少子化で国家の存亡が問われているこのご時世ですから、孫の誕生でじじバカぶりを多少発揮しても何卒笑ってお見逃しください。夜は京都駅上のホテル「ホテル近鉄京都駅」に泊り本日帰宅。

44         生後4日目、耳がでかく将来性十分のハンサムボーイですよ。

45                  曇天の京都東寺、国宝五重塔

46東寺(国宝)金堂のご本尊(重文)薬師如来です。撮影禁止ですが、フラッシュを炊かなければ文化財に悪影響を及ぼすことはないはず。欧米と違って我が国ではどこでも撮影を禁止しているけど、これは多分絵葉書が売れなくなるからか。

47                  帰りののぞみの車中からパチリ










2012年1月14日 (土)

伊豆半島

金・土と伊豆を一回り。先ず数十年ぶりに箱根ターンパイク(今はトーヨータイヤ・ターンパイク)を上りましたが、平日のせいか気の毒なほどガラガラ(これではスポンサーも大変)、続いて伊豆スカイラインの終点まで走り、伊豆高原から熱川温泉で泊。翌日は河津から天城方面へ。河津七滝は落石とかで近寄れず、石川さゆりで名高い浄蓮の滝を見物し、西伊豆スカイラインから伊豆半島最高峰達磨山981mを軽く登頂し、沼津経由で帰宅。

39_2               定番大観山ドライブインからの芦ノ湖

40_2                     

                         熱海市街

42                 達磨山頂から戸田温泉を見下す






2012年1月10日 (火)

新春の富士

やっぱり富士へ行かねば新年を迎えことにならないと、連れ立って忍野から二十曲峠へ廻ったところ、日ごろの行いが良かったのか二十曲ではダイヤモンド富士に遭遇。急きょ予定を変更してパノラマ台へ廻ってから再び峠にユーターン、連れの諸氏は見事ダイヤモンドをものにし、ご機嫌でした。ところが小生は日ごろの行いに問題があったのか、はたまた腕か道具のせいかアップできる作品が得られない始末でした。

34                   雪のかけらもない忍野

35

36_2                         忍野八海










2012年1月 2日 (月)

腰椎圧迫骨折には自転車が有効

 不覚にも5年ほど前に、重いものを抱えたまましりもちをつき、腰椎圧迫骨折をしでかした。当時京唄子さんが圧迫骨折で入院との報道があり、彼女がその後芸能界に復帰したと聞いていないように、結構厄介な負傷で完治まで8ヶ月を要した。足首や膝にはほぼ全身の体重が掛かるように、上半身のウエイトは否応もなく腰椎に掛かるわけで、歩くと腰椎の損傷個所に響き回復が手間取ることになる。しかし、ベッドに寝たきりではインスリンの分泌が衰えているので、運動不足となって基礎代謝量が減り、血糖値が上昇して高血糖症になるという悪循環に見舞われることになる。

 そこで考えたのは、ハンドルに上半身のウエイトを分散できるタイプの自転車(マウンテンバイクなど)を乗り回して運動不足を解消することで、完治に漕ぎつけたのである。なお、室内マシンでも相応の効果があるだろうが、実際問題として楽しくないし長続きしそうになく、自由に郊外を走りまくるのに比べ効果は限定的である。

 このようによんどころ無い事情で自転車を乗り回している人間もいるのだ。当局は委細お構いなく自転車は自動車の仲間だとして、百鬼夜行する車道に追い出そうとしているけど、何とかならないものだろうか。でもお上は一旦言い出したら取りやめたりしないね。たとえば着工してから非を認めて途中で方針転換するなんてことおよそないよね。

 なお話は飛ぶけど、Ⅱ型糖尿病と診断されると、お医者様は投薬、カロリー制限の糖尿病食と運動療法を勧めてくるが、これは去年判った原子力ムラと同じ類の話で、うかうか乗せられたら碌なことにならないというのは、また別の機会で。

 

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ