トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

続ANTI GIANTS SPIRIT

 

世の中で多数派を占める巨人ファンは、私みたいなアンチジャイアンツを標榜する人間に遭遇すると、アンチジャイアンツなんて巨人ファンの裏返しであって、実は巨人ファンなのだと思い込でいる人が多い。巨人ファンにすれば非巨人が存在すること自体信じられないようで、これは正しく巨人ファンは体制派で守旧派であり、強いて言えば既得権益擁護派である証左(これは無理か)ではないだろうか。これは関西における阪神ファンと似かよっているが、長年Bクラスに低迷しても懲りずに応援する阪神ファンは自虐的であり、少なくとも巨人ファンにある常勝巨人軍といった思い上がりはない。

 

しかし、巨人は読売新聞拡販の最有力手段となっていることに着目してほしい。渡邊会長が広言している通り、プロ野球は金が掛かるのは事実であろう。だが、一企業の応援に、山谷の労務者(失礼)ではあるまいに、首にオレンジのタオルを掛けて応援している姿は、甚だ見苦しいと思うのはアンチ巨人だけではあるまい。情けなくもみっともない応援スタイルだと思いますね。

 

巨人の登録名は以前から読売ジャイアンツであるが、ユニフォームの胸はTOKYO又はGIANTSでメジャーリーグ風で恰好よかった。ところが数年前からTOKYOが消えYOMIURIに代わってしまった。これは読売がオーナーだったサッカーの東京ベルディーのチーム名を、読売ベルディーに変えさせろとごり押ししたのと軌を一にしている。結局Jリーグは筋を通してこれを却下、商業主義が前面に出ることがなかった。商業主義に走らず地域密着を前面に出してファンを獲得し、将来性のある若手をサッカー先進国にどしどし送り出すなどしている日本のサッカーは、世界で最もメジャーなスポーツであるサッカー界の中にあって徐々に力をつけつつあるのだ。

 

一方プロ野球は、若手を修行に出すどころかFA制度で縛り、盛りか盛りを過ぎた選手だけが本場へ移籍できる仕組みになっており、その後メジャーでお役御免になって帰国しても活躍は期待できない。尤も野球は世界的に見ればマイナースポーツである。WBCで勝ったといっても世界的には大したニュースにならず、優勝した原監督が一躍名監督に祭り上げられて、かつて渡邊会長から修行して出直せと首になった原さんが復活して今や大監督(?)とはと、違和感を覚えるのはアンチジャイアンツのせいか。

 

まだまだあるが、今日はこんなところで・・・

 

2011年11月26日 (土)

珍鳥コウライアイサがやってきた

コウライアイサという絶滅危惧鳥類が、神奈川県西部の某河川に飛来しているとの耳よりの情報が数日前に我が仲間に入り、飛ぶものなら野鳥に限らずチョウチョウ、飛行機など節操なく飛びつく連中なれば、勇んで本日某川へ駆けつけた次第です。何事にも興味をもつことは人間の成長に欠かせない要因であり、ご一同は飛びものどころか森羅万象珍奇なものには何でも興味を失わない、今どきの代表的な年寄なのです。

噂によれば、我が国にたった1羽飛来しているというコウライアイサ君に小生も運よくお会いすることができましたが、腕には自信があるものの道具に難あり、お粗末な2枚を恐る恐るアップさせていただきます。

10_2                    はるかかなたの珍鳥

11                       観衆から逃れて







2011年11月25日 (金)

ANTI GIANTS SPIRIT

 

子供のころはご多分に漏れず巨人ファンだった。水原監督がシベリア抑留から帰国し三原から巨人監督の座を譲り受けて(奪い取って)以来、三原・水原の怨念関係が続いた。追い出された三原監督は西鉄,大洋監督を歴任し、日本シリーズで巨人を撃破して水原は監督辞任に追い込まれたのだが、皮のパンツの似合うダンディーな水原のファンだった私は何故かひどく憤慨し、東映フライヤーズの監督に転身した水原の後を追って巨人を去り、以来根っからのアンチ巨人を以て自任している。

 しかし、一本筋が通っているのは反巨人だけで、応援するチームは転々としており、野村さんがヤクルト監督に就任してからはヤクルト贔屓、その後専らノムさんを慕って阪神、東北楽天と移り、われらがノムさんが現場から去った今は、その都度適当なチームを物色し応援することにし、今年はヤクルトと相成った次第である。

 20年来中日一筋の家人からは、節操が無さ過ぎだの信じられないなど罵詈雑言を浴びせられているが、私にすれば、長い年月幾星霜、何があっても裏切られても中日一筋などおよそ信じられないのである。

 アンチ巨人とどこかのチーム贔屓の2本立ての効用は、野球を2倍楽しむことができることだ。読売新聞の勧誘を断る手段に有効だが、巨人が負けて贔屓チームが勝てば晩酌も殊更美味いし、気分すっきり安眠できるのだ。勿論巨人が勝って贔屓が負けるとこの逆でヤケ酒をたっぷり飲むことになるが、これはこれでまたよしとなる。

 巨人軍の選手のヘルメットにはGIANTS SPIRITと書かれているが、この意味が分からない。手段を選ばず金を惜しまず、他球団の4番バッターを次から次に引っ張り込んだ挙句、野手は8人までなので使い切れず、さり乍ら少なくとも他球団の戦力低下効果はあるというわけで、ベンチや2軍で飼い殺し。そこまでしても勝ちたい気持ちは分からないではないが、巨人だけが圧倒的な戦力で勝ちっぱなしとなれば、プロ野球人気は終焉するに違いない。実力選手が次々と流出しお荷物となっている横浜は51弱だが、15弱となればまったく面白くないことになろう。そこでタイトルはANTI GIANTS SPIRITとしたが、多数派の巨人ファンからいい加減にしろと叱責を受けそうなので、今日はこんなところで・・・。続編乞うご期待。

 

2011年11月24日 (木)

大雄山最乗寺

丹沢湖の帰途、大雄山を参詣しました。広大にして奥深い寺域に圧倒させられ、何故か身の引き締まる思いでした。

6_2                          鐘楼

7_2                        同じく鐘楼

8                        幽玄な寺域











2011年11月23日 (水)

丹沢湖は秋真っ盛り

秋はどんどんさっさと通り過ぎて行くのでぼやぼやしている暇はありません。何しろ老い先短い我々四人組は今や盛りという情報を入手し、早速丹沢湖へ出向いたわけです。次いで道了尊大雄山最乗寺へ伺いましたが、これは後日アップさせていただきます。

1_2                     丹沢湖は紅葉が綺麗

                               丹沢湖のボート遊び

4_2




2011年11月21日 (月)

昭和記念公園を一回り

イチョウはそろそろ終わりとかで、今日は午後から昭和記念公園へ出かけました。平日ですので入場客は少なめという感じでした。

イチョウは見頃でしたが、モミジは未だかいなというところで揃い踏みを期待するのは欲張りか。

15

                     西立川口でお出迎え

16
         寂し気なイチョウ

17_3                         日本庭園

19
      ワンちゃんとお散歩














2011年11月18日 (金)

境川のカワセミ

昨日は好天に恵まれ、寸暇(?)を惜しんで近くのカワセミスポットへ出掛けましたが、午前も遅くなってしまったせいか、待ち受け2時間半で1回しか顔を見せてくれませんでした。やはり朝早くからじっくり腰を据えて粘らなくて、幸運は訪れません。

12                    やってきましたカワセミ君

13
 
       形勢観望をしています

14_2                      飛び込み体勢








2011年11月13日 (日)

自転車規制強化に一言

 

 健康のため、専らマウンテンバイクで近場を走りまくっているが、最近自転車に対する風当たりが急に強くなっていささか肩身が狭くなってきました。

 

 道交法上自転車は車両に属しており、自転車は原則として車道を走行しなければならないというものである。道交法では自転車は軽車両として、以前から車道を走るように義務付けられていた。しかし自転車専用道どころか歩道もろくに整備されていなかった頃で、自転車の車道での貰い事故が急増し「自転車通行可」の歩道に限り歩道走行を認めることになっていた。ところが近年歩道上での歩行者との接触事故が急増した結果、原点に回帰して自転車は車道を走るべしとなった。

 しかし、ちょっと待ってよく考えてもらいたいのです。

 

道交法上、自転車は自動車の仲間なのだから車道を走らなければならないといわれても、そもそも自転車は精々15㎏程度の重量に対し、軽自動車でも800㎏前後もあるし、それどころか30トンもあるトラックが路上を爆走しているのだ。その上数多の障害が待ち受ける路上に、相対的に弱者であるママチャリを含めた自転車を追いやることは果たして妥当なのだろうか。

 

 これは横綱と幼児が同じ土俵で相撲を取るようなもので、もちろん幼児を踏み潰さないよう横綱はいらぬ神経を使わなければならない。まさに道路上で同じことが行われるのだ。自動車は、車道を モタモタ走る自転車に、余分な神経を使わなければならない。

 

 これでは自転車のような弱者と巨大な自動車を、十把一絡げに扱っている道交法自体に、根本的な誤りがあるのだと指摘せざるを得ない。

 

 もちろん歩道を走行する自転車にも暴走行為、違法走行など責任を問われる問題も多々ある。それは厳しくルールに則って摘発し処罰すべきだろう。

 

先ずは自転車先進国並みに自転車専用レーンの整備・充実を進め、その上で自転車の歩道走行を禁止するというのが本筋ではなかろうかと声を大にして言いたい。

 

  • 8_5

  • 自転車で走っていたらこの看板に出会った。一方通行道だから自転車も進入禁止という通達だが、道路の両側にかなり広く余裕が取られており、また自動車も歩行者も少ないこの地域では、住民も我々通行人もかなり迷惑?

  • 車の仲間にしていただいても少しも嬉しくないのです。

 

 

 

2011年11月12日 (土)

今日も富士

東京西部では朝から好天で、わが写真仲間は五合目奥庭荘に電話し、昨日の荒れ模様で山頂付近が冠雪していることを確認し、さあ出かけるかということになり、午後12時半勇んで富士五合目を目指して出発しました。しかし自然は我々に厳しく、2300mの奥庭は霧に包まれ愛する富士は姿を見せてくれません。

しかし富士は日没寸前その神々しい姿をわずかに見せてくれました。感謝。

5
   チラッと姿を現してくれました。

6_5                  徐々に姿を現してくれました

2011年11月11日 (金)

やっぱり富士山

今日は雨模様、冷え込んで寒く、家に閉じこもって写真の整理をする仕儀となりました。日本人の心の故郷は富士山なのでしょうか。朝から晩までいつでも、たくさんの富士山ウオッチャーが富士を取り囲んでいます。

1_2

        逆さ富士:田貫湖

2_4                      晩秋:五合目奥庭 

3_3
       百日草:花の都公園


4_2                桜と富士吉田市街:新倉富士浅間神社


     


        

2011年11月 9日 (水)

続々々2012年カレンダー写真

キリがないのでカレンダー用写真のアップはこの辺で終わりにします。

15

 
白鳥がやってきました:青森県平内町小湊

16_2                 後ろ姿で失礼:山梨山中のオオマシコ

17
     ホシガラス:富士五合目奥庭


2011年11月 7日 (月)

続続2012年カレンダー用写真

自分で撮った写真はそれなりに自負があるのか、どれも素晴らしいと思い込んでしまう傾向があり、6枚に絞り込むのは容易ではありません。これにしなさいと言ってもらうと助かるのですが・・・10                     横浜みなとみらい夕景

11_2               菜の花と富士:大井松田篠窪の山中から

12                  ダイヤモンド富士:江の島から

13               震災に耐えた三春の滝桜:福島県三春町

14                        横浜山手通り
















2011年11月 6日 (日)

2012年カレンダー用写真(続)

採用したい写真は数多(?)ありますが、最大で12枚しか使えないのは残念。

ひまわりと富士:花の都公園

6


投げ釣り:大磯照ケ浜海岸

9

丸の内の夜景

10_2

白鳥の群れ:新潟瓢湖

12









2011年11月 5日 (土)

2012年カレンダー作成用写真候補

毎年カレンダーを自製し友人・知人に配布しています。大金を払って本を自家出版し配ってもツンドクされるのが精々ですぞ。

厳冬の富士:二十曲峠から

1_2

赤富士:五合目奥庭

2

波打ち際の散策:バリ島レギャンビーチ

3_3

孤高のアオサギ

4_3

ミサゴに捕獲されて目をむくボラ

5_3













トップページ | 2011年12月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ