2016年12月19日 (月)

山下公園界隈

中華街で集まりがあり帰りに横浜港に立ち寄りました。
1m7a8869_1_2
氷川丸からみなとみらい方面
1m7a8876_1

ご存知氷川丸

話は飛ぶが、安倍さんは実にしぶといね。アベノミクスはさっぱり成果が上がらないようだし、盛大に打ち出した6本のスローガンは何れも中途半端でご自身も道半ばと言っているし、オバマさんにはレームダックとなる最近まで冷たくあしらわれ続けたし、大統領当選直後直ちにトランプさんにお祝い言上に馳せ参じたのに肝心のTPPは反故にされそうだし、ウラジーミル:シンゾウの親密な仲を築いたはずのプーチン大統領からは北方領土返還の約束を取り付けられず経済協力のうまい汁だけを持って行かれたし、経済成長と物価上昇率2%を狙って日銀を巻き込んで異次元の量的緩和に踏み切ったもののジャブジャブに溢れたお金は投機に廻っただけで肝心の設備投資はさっぱりだったし(当たり前だ、需要の裏付けのない設備投資に踏み切る企業はいないぜ)、国は借金漬けとなり国債金利負担増を懸念してゼロ金利政策を進め銀行に貸し出しを促すためマイナス金利(日銀当座預金)政策まで強行したが、銀行の国債離れによって発行された国債の80%を日銀が買い取るという破目にとなり、このままだとギリシャ並みの経済危機に追い込まれる恐れが出てきたし、地球儀俯瞰外交と称して安倍さんは世界各国を駆け回り手土産のお金をばら撒いているが、安倍さん歓迎の声は聞くが見返りは期待できそうにないし(中国は現地に労働者まで派遣して元を取っている)、任期中に解決すると確約した拉致被害者問題もさっぱり進展しないし、被爆国なのに核禁止条約に反対するし、パリ協定の批准に乗り遅れ恥をさらすし、中国の軍拡が脅威だとして際限のない軍事力増強に乗り出そうとしているし、その為に年金、社会保障費などを削減しようとしているし、高齢化と少子化で生産労働人口が大幅に減少しているのでこの際歯をくいしばっても子育てに予算を集中すべき時なのに相変わらずばらまきに終始しているし。一体この国はどうなっていくのだろうか。

プーチンさんに袖にされた安倍さんは明らかに落胆の色を浮かべていたが、失地挽回とばかり日ソ共同会見が終わった晩から精力的に全TVキー局に生出演して説明に努め、このせいか直後の世論調査では支持率が微増したようだ。どうなっているのだろうね。

銭儲けがうまいというトランプさんの就任で景気が活性化するのではないかという大方の予想で株高ドル高が続き、輸出産業には目先のチャンス到来とみられるが、対米輸出が活発化するとアメリカファーストのトランプさんが輸入規制に乗り出すだろうからいいことは長続きしないよな。

 アホノミクスなどと揶揄されながら安倍さんの支持率は依然高水準だ。5割を超える支持率を背景に当分やりたい放題が続くね。国民がアホなのだろうか。

1m7a8886_1


 話が飛ぶが、この記事は平成25年2月25日衆議院本会議での安倍首相の施政方針演説をスクープしたもの(毎日新聞)だが、安倍さんが手にする演説原稿には他人事(ひとごと)とかのト書きがあり、(水を飲む)や(力強く)の振り付けが書き込まれている。当時漢字の読めない宰相いるという未曾有の事態があったので、取り巻きが気を利かせて振り仮名を付けたのだろう。体格風貌ともに一国の宰相として見劣りしない我らの総理がここで水を飲むやら一息入れるなんて操り人形状態なんてのはちょっと残念だね。
では今日はこんなところで。



2016年11月 6日 (日)

江ノ島

秋晴れの文化の日、江ノ島に行ってきました・家族連れやアベックで大賑わいでした。
1m7a8725_1_1
夕日の江ノ島防波堤
1m7a8739_1

 

 さて、このところ小池都知事は頑張ってますね。右顧左眄の男どもは見習うべきですな。「売り家と唐様で書く三代目」というが、世の中には家業なるものがが大流行だ。落語家や歌舞伎の類は人気稼業だし大勢に影響がないが、こと政治家業は如何なものか。我々庶民は市議会議員レベルにも縁がないが、先代先々代からの地元支援者からすれば、永年面倒を見てきたお家のおぼっちゃまを手放すことはできないし、折角の筋・利権を捨てるのは大損だとというわけで、身内の応援を得て3代目4代目が横行することになる。だがこれで得するのは周辺の取り巻きだけであって、国家百年の計を失することになる恐れがあるのだ。
 安倍さんは、昭和の妖怪岸さんの孫だったから今日権力の座を占めていると見るのが妥当で、一兵卒からややこしい政争を切り抜けて勝ち取ることができたとは到底思えない。その人が総裁任期を3年延長し国益を毀損する権利を得たのは全く困ったことだというのは反安部派の言い分だ。彼はこれからも美辞麗句を繰り出し、有言不実行で国民を煙に巻いてしまうのではないだろうか。

 

2016年10月17日 (月)

久々の富士御庭

 世界遺産決定で富士山周辺は観光客で大賑わいの様子で、それまでは頻繁に出掛けていたものの以来敬遠してきたが、国慶節の翌週で中国のお客さんが一段落したはずと読んで行ってきました。富士山は眺めるもので登るものではないというのが我が主義で、汗水たらして徹夜で登山し、眠い目を擦りつつ御来光なるものを拝んで万歳三唱する諸兄姉のお考えがさっぱり分らない小生であります。太陽なんて世界中で毎日1回東の方角から出てくるもので珍しくも何ともないではありませんか。
五合目吉田口は観光客でごった返しているだろうと見て、手前の御庭・奥庭で写真を撮っていたが、次々と登ってくる観光バスの車体には中国語表示が多く、13億中国人は国慶節明けでも日本中を駆け巡っているようでした。
Img_8589_1

さて余分なことを書くと、安倍さんが再登板して暫くしてから、著名なカリスマ投資家のジム・ロジャース氏が日本の問題点を3 点挙げた。
①人口の減少。
②国の債務が天井知らずにのびていること。
③安倍さんがまだ居ること。

人口減少、高齢化の進展、生産労働人口の減少と容易でない状況下で安倍政権は経済成長に取り組んでいる。だが、3本の矢、新3本の矢と矢継ぎ早に施策を打ち出しているがうまくいってないようだ。異次元の金融緩和で使い道のないお金がじゃぶじゃぶ世の中に溢れたが、肝心の消費は伸び悩むどころか冷え込んだままだ。政府と経団連は貯め込んだ内部留保で設備投資をと呼び掛けているが、これはサラリーマンの発想で、会社を興して中堅企業にまで育てた経営者が需要の裏付けのない設備投資に踏み切るわけがない。熾烈な出世競争を経て大企業のトップにのし上がった財界大立者だって見込みのない投資には躊躇するはずだ。
 政府日銀は2%のインフレを政策目標とし消費者がインフレを恐れて消費手控えから消費活性化に転じることを期待したようだが、どっこい先の明るさが見えない消費者は増々財布のひもを締めてしまい、政官の要人が庶民生活の実態を把握できていないことを露呈した。
 昔インフレと金利は連動すると教えられた覚えがあるが、最近ではマイナス金利まで出てきて、マイナンバー制度で流動資産税を創設される恐れさえあるご時世だ。タンス預金しか対抗策がないのか。
 まだ言いたいことは山ほどあるが今回はこんなところで。
安倍さんはまだ居る。



2016年6月12日 (日)

しっちゃかめっちゃかの両トップリーダー

先月榛名神社と榛名湖を訪れました。広大な榛名神社の神域は心洗われる思いでした。
Img_8556_1
ユニークな門
Img_8564_1
榛名湖と榛名山

さて最近公私混同とせこさで男を下げている舛添知事だが、自著で政治家のあるべき姿勢について格好良くぶち上げ、それと真逆の振る舞いが露見し言行不一致というか巧言令色少なし仁の典型だね。
 だが公費を使ってヤフオクで趣味の絵画を買い込んだり家族連れで温泉ホテルへ行ったりなんぞは国民マスコミ挙げて大騒ぎするほどのことではなく、任にあらずとさっさと辞めてもらえばいいだけの話だ。明日の都議会総務委員会の集中審議はTOKYO MX  TVで実況中継をやるそうで楽しみだね。
 一方の我が国最大最強の権力者も何故か支持率が高いが私に言わせれば巧言令色少なし仁の典型だ。安倍さんと舛添さんに共通するのは外遊好きということだが、舛添さんは出張経費が高いが安倍さんのようにばらまき予算枠を握っていないだけ国の被害は軽微だ。就任直後NYで"BUY MY ABENOMICS"と自己PRし、3本の矢、女性活躍社会だの新三本の矢だの1億総決起?だの耳障りの良いスローガンを次から次と打ち出したがほとんど立ち消えし、最後の拠りどころはアベノミクスということになったようだ。
 先月のG7では日本のGDP 成長率が0.5%と各国の中で最下位だったし、実質家計収入は落ち込んでいるようで、アベノミクスは順調と強弁してもとても信じられないのだ。消費税3%増実施で国内消費が落ち込み、社会保障目的の2%の増税を延期してこの是非を問う解散を強行して自民圧勝したが、この際には2%の増税を確約した。そこで今回の再延期だが、公約無視どころか新しい判断であるとのことだった。ちょっと待った!こんな理屈が通れば警察は要らない。すべて権力者のご都合でやりたい放題になるぜ。
 福島だ、熊本だと震災が起きると政治家は防災服を着こんで現地入りするが、がれき処理を手伝うわけでもないのに見かけだけ整えるのはいい加減にしてほしい。天皇陛下はノーネクタイのワイシャツ姿で熊本の被災地慰問にお出かけされたが、お気持ちがこもっていた。安倍さんは得意のゴルファールックで出かけたらどうか。勿論非難囂々だろうが。
 尖閣に中国とロシアの軍艦と接近したという。しかし我が国の自衛艦も渦中の南シナ海に出張って緊張下のフィリッピンとベトナムに寄港している。まさか中国側から手出ししてくるのを待っているのではないだろうね。尖閣では中国側から手出しして来れば国際世論は間違いなく日本に付くだろうが・・・





2016年4月16日 (土)

次の一手は流動資産課税?

このところ人気急上昇の新倉山へ行ってきました。
Img_84692_1

ここにはいつも富士がある町。富士吉田市下吉田第2小学校Img_8533_1_3
新倉山浅間神社大鳥居
Img_8494_1
新倉山の今年は外国人観光客で大賑わいでした


 

2016年4月 3日 (日)

皇居の桜通り抜け

今年も皇居乾通りの一般開放に参加しましたが、桜の開花はやや遅れ気味でした。人出は一昨年の第1回に比べると少な目での感じでした。
Img_8423_1
乾濠から北桔橋を望む
Img_8424_1_2
乾通りの1本桜
Img_8448_1
北の丸公園田安門外から千鳥ヶ淵

またまた余計なことを書くが、安倍さんは、大手企業が3年連続賃上げを実施したし、有効求人倍率が好転したなど着々と好景気になりつつあると強弁しているが、少なくとも我々年金生活者には景気の風がさっぱり吹いてこない。安倍さんは就任以来かっこいいスローガンを次々と繰り出しては引っ込めている。曰く3年抱っこし放題、震災の復興には全力を・・・、汚染水はunder control, 在任中に拉致被害者の救出を・・・、経済成長の実現、トリクルダウン、言うは易く行いは難しとはいうものの次から次と耳障りの良い発言が飛び出ては、消えて無くなっているのだ。
 最近好景気の証として言及しているのは有効求人倍率の好転だが、15~64歳の生産年齢人口がピークの1995年の8726万人から2014年には7785万人に大幅に減少しているそうで、これは団塊の世代が続々リタイアしたためで、労働人口が減って求人倍率が上昇したわけでアベノミクスの成果とは到底言えない。民主党のダメ政権が続いてもこうなるわけだ。
 人口減少対策として戦前の「生めや増やせやお国のため」を見習ってか保育園を増やそうとしたが、肝心の保育士が安月給と過重労働で逃げ出し待機児童問題は解決しない。小生現役時代には保育園と幼稚園の区別も知らなかった。ところが事情あって孫3人の保育園のお迎えをちょくちょく引き受けることになって、保育園の状態を知ることができて、保育士のご苦労も分かるし、延長保育で夜遅くまで保育園で親の迎えを待つ子供たちの気持ちも分かったが、安倍さんには到底分からないだろうな。
 人口減少対策として保育園の拡充を打ち出しているが、これでは抜本対策にならないとしているのは中央大学山田昌弘教授である。これは若い人は「自分が親からしてもらった以上のことを子どもにしてやりたい」という願いを持っているからで、これが無理だと思えば生む子どもの数を減らしたり、結婚を控えたりするというのだ。子育てや教育に金が掛かりすぎる実態からすればこの指摘は納得できるもので、教育の無償化を計り何人子ども生んでも心配しないでも済む施策が急務だが、予算がないからとまたまた先送りしていては日本沈没だね。地球儀を俯瞰する外交と称して飛び回ってはうん百億ばら撒いてチヤホヤされていい気になるのはいい加減にしてほしいね。
 


2016年3月13日 (日)

厚木基地へ急ぐ軍用機

マッカーサー元帥が日本に初上陸した由緒ある厚木基地の北端から7kmのところに居住しているが、南北に設置された滑走路の延長線上にあるため、軍用機の騒音に悩まされている。中でも米海軍艦載戦闘機FA10スーパーホーネットの騒音は半端じゃない。
Cw8a8676fa18_1_2
マルチロールファイターと称するFA18重戦闘機が雁首並べて3機厚木基地へ急ぐ図だが、厚木には1本しか滑走路がないため1機がランディング中は2機が基地周辺を徘徊し轟音をまき散らして低空飛行をしているのだ。
この艦載機は原子力空母を母艦としているので、空母への着艦訓練が欠かせないところから、以前は厚木でタッチアンドゴーと称する訓練を昼夜問わず行っていた。フルスロットルで急発進するのでとんでもない騒音で往生したものだが、流石の米軍もこの訓練をグアムに移したようで夜中の騒音はこのところない。
Cw8a8589p1_2
北の方から帰還した空自の最新鋭純国産の4発ジェット対潜哨戒機P1。実に静かだし、小さな図体に4発ジェットとは贅沢だけどP1頼りになりそう。
Cw8a8787p3c_1_2
P3C 対潜哨戒機
Cw8a8751atsugi_1
P1は一路滑走路へ。5階のベランダから高みの見物。

アメリカは第二次大戦で世界での覇権を獲得したが、その後ベトナムで負け、アフガンで失敗し、イラクでも失敗している。勝った後うまくいっているのは多分日本だけ。関東には横田空域があり空もいまだに占領されているし、沖縄も然り。いまだに被占領国状態でとても独立国とは言えないね。

 ところで原発運転差止めの仮処分が出た。我が国は原発には世界で最もに厳しい規制を課しており、(相対的に)安全であるので確認できた原発から順次再稼働させるとしているが、そもそも原子力は人間が完全にコントロールできるものだろうか。福島の惨状を早くも忘れてしまったのかね。
 政府と電力会社は電力の安定供給をいうが、福島の事故の後、全国で節電が実施され、繁華街のネオンが消え、高速道路の照明が消えたけど、特段の不便もなかったし高速で夜間の事故が増えたという話もなかった。また、節電のせいか火力発電やらで結局電力不足もなかった。ところが電力会社は電気を売らなければ成り立たないというわけで、いつの間にやら節電はどこかに消え去り、宇宙ステーションから見下ろすと日本列島が最も明るいそうで、日本人宇宙飛行士は同僚に恥ずかしい思いをさせられる始末だ。
 原発事故の除染ごみも、最終処分場どころか中間処分場でさえエゴのぶつかり合いでさっぱり目途が付かない。使用済み核燃料の処分に至っては、原発はトイレのないマンションだそうだが、時の施政者はそのうち何とかなるさとばかり先送りして逃げを打つ。処理の見込みの立たない核燃料は原発が稼働すればするほど増え続けるわけで、小泉さんのお説ご尤もだ。ぜひ政界に復帰して総理になってもらいたいものだ。
 最近物騒なのは北の若大将で、何をしでかすのかさっぱり分からない。原爆と弾道弾の開発に成功したと豪語しており、もしも本当で日本の原発を狙われたら大変なことになる。福島事故の再現どころか日本全体が沈没する。それが怖いから先制攻撃で叩けなんていう輩もちらほらいるようだ。これは真珠湾攻撃の再現で米本土はかすり傷程度で済むだろうが、日本・韓国は北と共倒れとなりそうでまっぴらごめんだね。
 日本人は激しやすいところがある。先の大戦では大本営発表に乗せられて国民が軍部を煽り悲惨な敗戦にまで行ってしまったが、右寄りの安倍政権も南シナ海に自衛艦を派遣したりして中国軍からの一発を誘引し、世論を征中論に煽り立て、国論を一本化しようとたくらんでいるのではないかというのは考え過ぎか。

 

2016年3月 6日 (日)

松田の桜まつり

遅ればせながら松田山の河津桜祭りに行って来ました。葉桜になりかけでしたが、平日ながらかなりの人出でした。
Img_8371_1_2
好天でしたが生憎富士には雲がかかり残念。

Img_8331_2
ふるさと鉄道
 Img_8307_1
愛想のいいうどん・そば店のお姉さんたち(特設テント大食堂)

 話は飛ぶが、このところの安倍さんは専ら選挙対策一辺倒で見苦しい限りだね。選挙にせっせと出掛ける暇のある我ら高齢者に3万円ばら撒くし(残念ながら小生少しのところでこの恩恵に預かれなかったのでアンチ安倍の方針に影響がなかった)、辺野古移設工事を中止すると突然言い出したりしたがこれも見え見えだ。聞けば辺野古移設の方針にはいささかも変わりないそうで、これを言うなら一時工事中断であって、耳障りの良い中止と言ってもらいたくないね。
 いかにも沖縄の民意を慮っての決断のように見せかけているが、沖縄は日本の国土の0.6%しかないのに、米軍基地の73.8%を引き受けさせられていて、普天間基地の危険性除去と称して県内の辺野古へ移転とは、全く気の毒な話だぜ。世の中既得権が横行していて、基地負担のない近畿あたりはぬくぬくと口を拭って素知らぬ顔だ。(小生は米軍厚木基地の騒音に日頃悩まされていて一言いう権利がある)。
 放送法を持ち出して公平を欠く報道には電波停止の権限が政府にあるぞとの脅しにもあきれたね。これは戦前の翼賛政治を想起させられるものがある。そもそも政権が公平かどうかを判断するのは強権的で、結果メディアの経営者たちは忽ち事なかれ主義に落ち込み政権批判を避けようとするのだ。骨っぽいコメンテーターが軒並み降板するようだが、ごますりコメンテーターばかりじゃ視聴率が落ちてこまるのではないかね。
 色々言いたいことがあるが、世界卓球女子が中国に負けてしまったので、残念無念。

2015年12月12日 (土)

皇居乾通り秋の通り抜け

今年の参観者は昨年に比べやや少ない感じでしたが、勲章どころか園遊会にもお呼びが掛からない我ら大衆が大挙して集まったのであります。中で整理にあたっていた宮内庁のお役人によると、今年は寒暖の差が小さかったせいで紅葉がいまいちとのこと、だが我ら参観者は陛下の坐す皇居に大満足の一日でした。
Img_8185_1 

Img_8204_1
乾通りの紅葉を楽しみながら整然と歩く参観者の群れ

最近安倍さんの支持率が何故か急回復したようだ。次から次と繰り出す人気取りのバラマキ作戦が功を奏したのか、政権は自信満々で一方野党は情けない惨状だ。戦争を知らない世代の安倍さんが戦前の日本に回帰したがっている気配で、戦前生まれの年寄りには何とも不安だ。先日もCOP21でパリに出掛けた安倍さんが、テロ撲滅にわが軍を派遣する用意あるなんてオランドさんに言い出さないかと余計な心配をしたものだが、杞憂に終わってよかった。マッチポンプで有言不実行、巧言令色少なし仁とか一部で言われてもいるのに支持率が伸びるのは不思議だね。

2015年10月21日 (水)

16年カレンダー

かなり以前からカレンダー作りを始め、頼まれてもいないのに知人に配っていたのだ。素人のカレンダー制作のキモは、写真の出来栄えもさることながら製本にありと、四苦八苦して研究した挙句に見つけたのがカール事務機のTOZICLEというプラスチックリング製本機で、2002年からは専らこれを利用して制作している次第。
この製本機によるカレンダーは如何にも素人っぽくみえるところがいいが、難点は穴あけパンチで、何しろ力と手間が半端じゃないのだ。最近カール社が電動式穴あけ器を発売したと聞くが、極少量生産の家内産業がこのような利器に手出しするのは邪道とばかり、年末になると手動穴あけ器にせっせと取り組んでいるのであります。
現時点で予定している16年度図柄は以下の通り。

1~2月西伊豆伊田浜
Cl1612
3~4月隅田公園の花見
Cl1634
5~6月レッドブルエアレース千葉
Cl1656_2
7~8月ホテル千畳敷
Cl1678
9~10月木曽駒乗越浄土から富士
Cl16910
11~12月田子の浦漁港
Cl161112

余計なことを一言いわせてもらえば、飛行機は左翼と右翼があって飛べるのだといったのはデーブスペクターだが、近頃の政権は右に偏り過ぎだね。安倍さんは平和維持法案にやけに力を入れていたが、実弾を発射できる軍隊(戦力)をもっていないと国際的に大きな顔ができないからではなかろうか。世界各地で紛争が起きると、英独仏の3首脳に米国大統領が雁首並べて対策を協議して軍隊を派遣したりしているが、この仕切りが何とも格好いい。安倍さんもわが軍を率いてこれに参加したい・・・?
TPPにも一言言いたいが次回。







«日本一楽に登れる高山木曽駒千畳敷

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ